浜石の紋 秋鼓会
編 集 後 記 2005年
更新ログとも言うが・・・  ちょっと違う気もする。
近頃はチラシの裏が増えてきて、日記に成ってる気もするし
タイトル変えようかなぁ?     ブログ化計画進行中?

これ以外の内容は、下記リンク先に掲載しております。
 2014年   2013年   2012年   2011年   2010年   2009年 
 2008年   2007年   2006年   2005年   2004年 


[2005-09-15]
携帯版を開設してからとゆうもの、やたらと携帯版ばかり更新している今日この頃
内々で「便利」との高評価と、今はテキストだけの構成からくる更新の気楽さもあるし
なにより、ものの数分で出来てしまうとゆうのがありがたい訳ですな。(^^ゞ



[2005-09-10]
時の経つのは早いもので、気がつけば祭りまで一ヶ月を切っていました。。。(^^;
この後に及んでなんですが、携帯ブラウザ向けのページも作ってみました。
その目的は、すっごく単純なことでして、外に出てる間でも祭りの予定が見れる
祭りの間も、書類を見なくても運行計画(運行時間)が分かるようにする。
ただそれだけの為なんですね〜・・・ほんとのところは。。。(^^ゞ



[2005-08-01]
長らくご無沙汰していた、このHPの作成作業もそろそろ再開です。
なぜかって?、、、そりゃカウントダウンをみると解かるかと・・・。(^^;
これまで呪文を使って検索逃れを謀って来ましたが、正式な公開に先立って
それを止めて、検索にかかりやすいようにしてみました。
内容の方は、未だに作成中、、、なれど。。。(ーー;)

次回の更新予定としては、淡路の梶内訪問時の光景や、先日行なわれた土用干し
それに、ほぼ決定した今年の運行計画などを追加する予定です。
その前に、「浜石ふとん太鼓の歴史」にも触れておこうとは考えてますが。



[2005-02-04]
前回(2005-02-02)に書いたようにBBS(掲示板)の形式を変更しました。
変更もなにも、まだプランだけだったわけだけど、ね〜。(^^ゞ

BBS(掲示板)に関して、先週行われた秋鼓会役員会で顧問のN氏から提案があり
BBSに予定していたスペースを空け、新たに、このホームページへのメールによる
投稿用のページと、その投稿を掲載するための、専用のページを作ってみました。
投稿の受付は、あくまでもメールのみに限定する予定です。

メールによる投稿形式は、リアルタイムで投稿が反映されるBBSよりも
はるかにセキュア(安全)で、トラブルも未然に防げるので大賛成です!。

そして幹事長氏から提案があった、秋祭りまでの残り日数を表示する
「カウントダウン・タイマー」を、トップページに付けてみましたが
これ、アクティブ・スクリプトを使っているためにセキュリティーが強化された
IE(InternetExplorer)にブロックされてしまうわけで、、、あぅ〜...
でも、一度ブロックを解除してもらえれば、それで問題なしってことで。

(´;ェ;`)ウゥ・・・
こんどの日曜日に太鼓台のメンテがあるのに、参加の連絡を会長へするの朝まで忘れてた
会長に気苦労かけてばっかしの希ガス....。 プンプン( ̄^ ̄メ)\(_ _ ;)ハンセイ…



[2005-02-02]
会員の募集などの一部のページを変えてみました。
やっぱり現場(祭り)での出会いが大切ですもんね。それでこそ「布団馬鹿!」だもん。(^^ゞ
それと、BBSはリアルタイムの掲示板形式ではなく、メールによる投稿を受け付けてから
その内容を確認して、コピーを手動で貼り付ける形式で作る事にしました。
これは、どんなに管理を徹底しても通常のリアルタイムBBSでは、BBS上への悪質な悪戯を
確実には防ぐ事が出来ない事への、もっとも有効な一つの解決手段と言えると思います。
(2005-02-04に、関連情報。)

   とか、なんとか言いながら、、、もう2月になっちゃったかな?・・・(^^;



[2005-01-29]
幹事長氏から祭囃子のページに関して、画像データとして貼り付ける提案がありました。
目下、データサイズと解像度を上手く両立できる方法を模索中です。


これ以外の内容は、下記に掲載しております。
 2014年   2013年   2012年   2011年   2010年   2009年 
 2008年   2007年   2006年   2005年   2004年 

Writing by 秋鼓会 @ (=^∀^=)
Copyright 2008 KHAS All Rights Reserved

  このSightの閲覧には、MS-IE 6.x以上を推奨しています。JavaScriptをONにしてご覧下さい。
inserted by FC2 system